沖縄の地域調査研究
              
(Nakahara)

               
                  

                 【トップページです】
 


 これまで沖縄を中心に奄美を含む地域を踏査してきました。数年に一度は訪れる必要があると気づかされています。30年近く、各地を踏査してきました。まだあきることなく続いています。ここ15年余り、他のHPで公にしてきました。このプログは地域の方々に向かっての報告でした。これからどのような方向に向かっていくか、わかりませんが、とにかく楽しみながら・・・。継続してしています。


山原(やんばる)踏査―大宜味村】  【山原(やんばる)踏査―国頭村】  
大宜味村塩屋湾岸のムラ・シマ
徳之島踏査
2013年4月動き】 【バジル・ホールがみた運天港付近】 【湧川の塩田跡

勘定納港】 【親川(羽地)グスク】【名護市汀間
ハニヂ(羽地の語義)
羽地域の歴史とムラ 1】 【羽地域の歴史とムラ 2

集落・御嶽・イベ・グスクなど
  恩納村の集落・御嶽(イベ)・グスク】【安慶名グスクと拝所

今帰仁村運天港へ】  【地域博物館が果たす役割】  【今帰仁間切の御支配と印部石
地方役人の世界―琉球・沖縄】 【今帰仁における地域史研究】 変貌期を目にしてきた研究者
島袋源一郎】 【仲村源正氏辞令関係資料】  【山原の集落区分の呼称】 【琉球と徳之島
伊是名島へ】 【今帰仁按司と阿応理屋恵】 【山原の間切の両総地頭の御殿と殿内

嘉味田家の墓調査報告】【今帰仁グスク麓の風景】【湧川の按司道沿いの香炉

山原の御嶽・神アサギ・神社へ】 【ノロ祭祀具の中の玉製品】  【具志堅のトントトトン
羽地地区公民館へ】 【屋我地地区公民館へ】【屋部地区公民館へ】【本部町の公民館(上)
今帰仁村の公民館】 【大宜味村の公民館】【国頭村の公民館】 【金武町の公民館
恩納村の公民館】 【恩納グスク】 【東村の公民館】 【国頭村奥間

【国頭村比地】
【国頭村安田辞令書】
【根謝名(ウイ)グスクと村(ムラ)】
【山原の津と船】
歴史的風景】(20130402) 今帰仁の歴史的風景(2013.4.4)

  

中頭郡の遺跡】 【宮古伊良部島】 【与論島】 【竹田城(兵庫県)】
国頭村のムラ・シマ】【大宜味村のムラ・シマ】【羽地村(現名護市)のムラ・シマ
本部町のムラ・シマ】【久志地区(名護市)のムラ・シマ】【恩納村のムラ・シマ】

山原の神アサギ
 今帰仁の神アサギ ・国頭村の神アサギ ・大宜味村の神アサギ ・名護市の神アサギ
 ・恩納村の神アサギ  ・金武・宜野座の神アサギ ・屋我地(名護市)の神アサギ

東風平のムラ・シマ】【東風平の小城


・奄美大島の村々 ・喜界島の村々 ・加計呂麻島(東方) ・加計呂麻島(西方)
・徳之島
 ・沖永良部島 ・与論島


      山原のムラ・シマ
               ―国頭村比地を例に―

 沖縄本島北部を山原(やんばる)と呼ばれている。山原と呼ばれるようになるのは近世になってからである。その地域は北山(山北)や国頭方と記される。山北(北山)は、北山・中山・南山が鼎立していた時代の名残りである。その北山の領域が山原である。近世になって領域(間切)の線引きの変更や町村の合併がなされ現在に至る。

 その山原の領域は明治29年に国頭郡になるが、伊平屋島と伊是名島は島尻郡に入る。国頭郡には名護市・東村・恩納村・金武町・宜野座村・本部町・今帰仁村・大宜味村・国頭村・伊江村がある。山原には1市、2町、7村がある。近世から現在に至る変遷を記すと以下のようになる。

 山原の市町村に字(アザ)や区と呼ばれる行政字(区)が170ある。字のことをムラやシマと呼ぶが、明治41年に間切は村に、これまでの「…村(ムラ)」は字(アザ)と改称された。そのこともあって現在の沖縄の「…村」は「…ソン」と呼んでいる。以前の村(ムラ)と混同を起こさないためでもある。村(ムラ)と呼ばれてきた行政区が近世初期から明治41年まで長年にわたって使われてきた。そのムラに住む人たちのほとんどが、そのムラで生まれ育ち結婚し、そして人生を閉じていったのが多かった。土地制度(地割)との関わりである。

 その環境で培われた習慣や伝統が、明治以降の県政やムラ・シマにおける生活改善などで、その多くが失ってしまった。それでも山原に、まだ生活の一部として息づいている。特に祭祀や神アサギや言葉や生業など。廃藩置県後、130年という歳月が経ている。それでも、山原の人々がムラの歴史や伝統や祭祀、言葉(方言)、あるいは生業、自然などのことを消すことなく今に伝えているのは、伝統や文化と捉えてもいい。集落の発生と切り離せないウタキや神アサギやカー(湧泉)、それだけでなく山原に残る自然(ヤンバルのつく動植物)なども、山原のムラ・シマを見ていくキーワードである。

そこでは、「山原とはなにか?」との答えを出そうとする姿勢ではなく、山原には170のムラ・シマがあり、それぞれ歴史を刻んできたし、170のムラ・シマのもつ多様性を個性として引き出していく作業(記録)が必要である。一言でくくる、あるいは一つの答えを出すことも大事であるが、170のムラ・シマのそれぞれの個性を描き出し、記録していくことが重要である。

 ここでの学問は、「山原とは何か」を問う手段であって目的ではない。山原を、そしてムラ・シマが何かをいろんな学問を通して究めていく。また、一つに結論を見つけようではなく、ムラを構成する要素を数多く拾って記録していく作業が大事である。各地で発刊される「字誌」の世界はその例である。

ムラ・シマに生きる70歳以上の方々は、戦前・戦争・戦後の物のない時代、そして昭和30年代からの高度経済成長期、さらに宇宙に人間が飛んでいく時代。そのような裸足の時代から宇宙に人が飛たっていた時代を体験した方々は、過去にいくつか黄金時代があったが、裸足の時代から裸足の時代であった。今の70歳以上の方々は、裸足の時代から宇宙の時代の体験してきた方々であり、そのような三つの時代を経験した方々は過去になかった。

 この時代を生きてきた方々の体験を記録というのは、将来に渡ってないであろう。この時代に生きた方々の記録を将来に届ける義務があるのではないか。100年あるいは200年の未来から、昭和・平成という時代を振り返った時、黄金時代というより、とんでもない時代があったのだとの議論がなされるであろう。現在に生きる方々の生の資料を届けるということは論や学説ではなく、実態のある議論がなされるであろう。山原には170のムラ・シマがあるが、国頭村比地を手がかりとする。

【国頭村比地】
 比地はピジやフィジと呼ばれ、国頭村の一つの字(区)である。国頭村の字は南から浜・半地・比地・奥間・・・と北へつづく。比地の集落は西海岸の国道から山手の方の奥まった場所に位置している。比地は二つの川が流れ、一つは比地川、もう一つは奥間と境をなして流れる川代志(ハレーシ:奥間川)がある。集落があるのは二つの川に挟まれた場所である。比地は行政村になる以前の集落形態を今に伝えている。山原の村や集落を見ていく指針(モデル)となる地域である。

 比地は比地・堀川・蔵前・長根・幸地・長尾の6つの小字からなる。比地と奥間の一部を分かち、統合して鏡地として区が成立した。大正15年のことである。半地は奥間から分かれた区である。比地の領域であった比地川の左岸と奥間の領域であった半地(比地川左岸)と交叉した形で分区している。比地川の下流域は仕明地であったとみられる。小字(原域)は分区以前の領域でみる必要がある。いずれも奥間ノロの管轄なので祭祀には影響及ぼしていない。海神祭(ウンガミ)のときのナガレミャーは鏡地の浜で行われる。

 国頭村比地を立体的に描く作業を順次進めていく。(これまで紹介したのをここに集合させる。そのため統一を欠いているが、随時整理することに。最後部に100の質問を掲げてみました。比地の方々が、当たり前に誇りを持って答えてくれたら、あるいは日常の会話の引き出しにしてくれたらと。
  「ウタキが三つあるようだな」「どこどこかね。もっとあるじゃないか」など。
  「ペーシモーで行われていた干支の旗の下に生まれと年が集まるのは珍しいようだよ」
  「今はやっていないな。あれができれば、もっと元気がでるかもね。誰が何年生まれかすぐわかるさ」
などなど。



【小玉森内にある火神の祠】(住居跡)

  小玉杜内に10件近い住居跡(火神の祠)がある。それは屋敷跡である。かつて小玉杜(ウタキ)内に人が住み、そこには神アサギがあり、また各門中のイビがある。集落の発生の古い形態をみせているのではないか。沖縄のグスクは高い所に築かれている。グスク以前はウタキ(杜)である場合が多い。その杜の内部に住居を構え、古琉球から近世にかけて次第に麓に住居が移動していく。国頭村比地は、戦後まで杜の斜面に住み、その痕跡として火神の祠が今に残し、移動したものの今でもお参りを続けている。


                        
【杜(ウタキ)内のイビと一門】

 杜(ウタキ)の中に各一門のイベが四ヵ所にある。海神祭のとき、杜の神アサギ周辺にあるイビの前に一門ごとに集まりウガンをした後直会(ナオライ)をする。また、神アサギ内に座っている一門から出した神人の前にささげものを持っていく。四つのイベは神アサギ近くの大きな赤木の根元にあるが、一ヶ所だけは窪地(堀切か)を越えた場所にある。その一門は他地域から比地に移住してきた一門ではないか(未確認)。杜(ウタキ)内のイベと一門と神人、さらに比地の集落とウタキの関係、それは原初的な姿を今に伝えているのではないか。
   
 ・山城姓/山川姓/神山姓/大城姓が古い一門
 ・根神・・・・山城門中
 ・シル神…大城・山川門中
 ・山城一門の総元締めは泉川家(ミルク田や他の拝所の管理)
 ・比嘉姓は本部からの寄留
 ・外間姓は那覇からの寄留
 ・宮城姓は与那
 ・江川姓は神山家から分家(戦後改姓)

【小玉杜の神アサギ付近の香炉(イビ)】(北から)
 ①奥間からきた人々
 ②アサギ門中(山川姓)
 ③浜からの一門?
 ④ハンダ屋門中(比地の元屋)(大城姓)
 ⑤比地の泉川屋門中(山城姓)(アマミンチュウ系統、さらに山口神社をもつ)
 ⑥比地の下道屋門中(神屋姓)

【国頭村比地村の御嶽】(小玉森)

 国頭村比地の小玉森(ウタキ)は興味深くみてきた。アサギムイともいい、『琉球国由来記』の小玉森は「クダの杜(ウタキ)」のことではないか。クダはマクやマキヨ同様、小規模の集落のこと。マは間で広場や空間のこと。するとクダマ(小玉)杜はクダの広場の杜、つまりウタキのことだと解することができる。まさに集落の発生と関わるウタキである。
 これまで調査したウンジャミや神アサギもあるが、ウンジャミのとき、それぞれの一門が赤木や福木の大木の下に香炉を置き、一族がその前に集まり線香をたてる。その風景は比地村は複数の集団からなる村ではないか。マク・マキヨクラスの集団が一つの村を形成し、神人はそれぞれの一族から出してきた姿ではないか。
 神アサギの中に座っている神人達は、一門からだされた供え物がお土産として持ち帰る。それは神人達の報酬である。その姿は、かつての神人たちの報酬の受け取りの場面であったにちがいない。一族一門が繁盛すれば、報酬が多くなる計算である。祈りのときの唱えに「村(ムラ)の繁盛」があるのは神人の報酬につながっていた。
 森全体がウタキでウタキの中に一門一族のイビがあり、神アサギもある。周りに旧家とみられる神屋が何軒かある。ウタキの中に家々があり、斜面にもシマンポーヤー・根神屋跡がある。比地の集落はウタキの内部から斜面にかけてあったのが、次第に麓に移動していったとみられる。集落とウタキが密接に結びついていたことがわかる。集落の発生と村の成立で、神人は一門から出していく形で継承されてきている。

 


【国頭村比地の石灯籠と国頭王子政秀】

 1849年福寧府に漂着した国頭船には五人が乗り組んでいた。そこで救□を受け、、また船の修理をしてもらった後、福州を経て同年接貢船とともに帰国した。この国頭船が比地船であったことは、比地の中の宮とびんの嶽にある石灯籠及び石香炉によって知ることができる。・・・正面に国頭王子正秀の銘が刻まれ、横面に道光29年己酉と刻まれていた(現在摩耗し判読困難)。また中の宮の香炉の一基に道光29年9月吉日に神山仁屋と山川仁屋が「奉寄進」している。その香炉は小玉森の拝所にある「神山仁屋」とある香炉と同じ年代にちがいない。
 びんの嶽の香炉の一つに「道光29年9月吉日」に「国頭王子正秀」が寄進している(『国頭村史』)。
 石香炉や大きな石灯籠は首里に住む按司クラスと関係がある。その典型的な石灯籠は今帰仁グスク内のもので、これまでの石燈籠の年号の古いのは今帰仁グスク内のものである(乾隆14年:1749)。




【国頭村比地の御嶽】(キンナ嶽)
 幸地嶽とキンナ嶽は別々の御嶽である。『琉球国由来記』(1713年)で幸地嶽としてあるのは、一帯はウチバルと呼ばれている。ウチバルは河内(こうち)原の「こ」が脱落した呼び方で、カワチに幸地と漢字を充てたのであろう。幸地嶽は河内原にある御嶽ということになる。杜全体が幸地御嶽で祠はイビかイビヌメーとみることができる。
 現在イビヌウタキと呼ばれている場所に祠があるが、そこはキンナ嶽で「中の宮」と呼ばれている所は、キンナ嶽のイビヌメーに相当すると考えていい。そしてキンナ嶽は「中の宮」と呼ばれているが、「中の宮」は『琉球国由来記』の神名中森ノ御イベからきたもので、中ノ嶽とも呼ばれている。キンナ嶽の神名(イビ)の名称が中森ノ御イベだとみている。

 中の宮(イビヌメー)の中にある香炉と国頭王子(正秀)の石燈籠に、この御嶽の性格が読み取れそうである。比地村の御嶽(小玉杜)と性格を異にした御嶽である。ここで関心を持っているのは石燈籠の銘や香炉とイビヌメーヌ嶽付近から出土したという鏡や鉦皷などである(『沖縄の古代部落マキョの研究』所収325頁)。按司や王子クラスの御嶽と見てよさそうでる。特に按司や王子などの薩摩や唐旅に関わり、航海安全に関わる御嶽とみることができそうである。

【キンナ嶽のイベ】(イビの前の嶽)
 キンナ嶽(中の宮)前の比地川の対岸の山の中腹にある祠のことである。『沖縄古代部落マキョの研究』稲村賢敷著に次のようなことが報告されている。「そこの祠の東隅から銅製の器具数種を拾得された」という。山川乙正氏蔵とあるが、まだあるだろうか。イビの前の祠に10余りの香炉が置かれている。他に鏡などがあったという。
  ①銅鏡四 
  ②鉦鼓一 
  ③円鐘一 
  ④馬具?二個


【近世の山原の方切】
    
 そこで「方切」というのは近世の琉球における間切と間切の境界の変更のことです。間切の創設が主なものです。そのことが後の間切の歴史や文化を見ていくことに影響を及ぼしている、あるいはひきづっていることがあります。まずは、「方切」の具体例から。方切で間切が創設されると、新しく間切番所が設置されます。そのことで行政の中心が変わります。それと方切で祭祀に影響を及ぼすところがでてきます。また、変わらないこともあります。方切がどう影響を及ぼしているか、あるいは方切以前のことがどう継承されているか。

 ・1666年今帰仁間切を今帰仁間切と伊野波(後に本部)間切
 ・1673年に金武間切と読谷山間切から恩納間切を創設
 ・1673年に名護間切と金武間切から久志間切を創設
 ・1673年に国頭間切と羽地間切から田港(大宜味)間切を創設
 ・1690年頃に今帰仁間切と羽地間切との間で方切あり
 ・1695年国頭間切と大宜味間切と久志間切の間で方切あり
 ・1719年に国頭間切と大宜味間切との間で方切あり
    (屋嘉比・親田・美里が大宜味間切へ、平良・川田は久志間切へ)
 ・1736年に今帰仁間切と羽地間切との間で方切あり
    (我呉・振慶名・我部・松田・桃原の村を羽地間切内部、屋我地島へ。その地を今帰仁間切へ)



          
上の図は『名護市史―わがまち・わがむら』より


【本部町渡久地のマチ】(昭和27年頃)

 昭和27年頃の本部町渡久地のマチと渡久地港です。左手の写真の後方の山は真部山、右手の写真の山は健堅の山です。マチの市場、瓦葺きの元の警察署、郵便局などが確認できます。まだ茅葺き屋根の家が大半です。戦後数年後であるが、渡久地港にはエンジン付きの船が多くみられ、マチの復興は港からの印象があります。渡久地は戦前からカツオ漁で知られています。


 
▲本部町渡久地のマチ(昭和27年頃)               ▲本部町渡久地の港


 
    ▲本部小中学校の馬小屋教室           ▲当時の小中学校の生徒


【八重瀬町新城】

 








問い合せメール