今帰仁城周辺桜の開花状況 (トップへ)  

             

    2007年2008年2009年2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
   2015年 /2016年 2017年の開花状況    2017 年1月の調査記録   
  

     (桜まつり:平成28年1月28日~2月12日)


2017年3月4日(土)(旧2月7日)(今朝 外気温18 ℃)(くもり)

 多忙で今帰仁グスクに登る時間がなく、久しぶりにグスクへ。ほとんどが葉桜になっていました。でも数本が満開でした。それらの桜には蝶やミツバチが舞っています。桜状況の報告は今日で閉じます。桜、ご苦労さでした。

 

  

 

2017年2月21日(火)(旧1月25日)(今朝 外気温17 ℃)(くもり)

 桜はまだまだ満開中。





2017年2月14日(火)(旧1月18日)(今朝 外気温15℃)(晴)

 桜まつりは終わりましたが、お客さんの来城者はまだまだ続きます。桜も満開中。





2017年2月9日(木)(旧1月13日)(今朝 外気温12℃)(小雨)

 この冬一番の冷え込みかな? 2~3日越しのグスクの撮影。初めての小雨。気温も12度。桜の開花状況は満開です。

 

 

2017年2月7日(火)(旧1月8日)(今朝 外気温16℃)

 桜まつりの後半にさしかかり、今帰仁グスク内の桜は間もなく満開。今年はまつり期間天気に恵まれ、お客さんのいりもよかったようだ。

 

 

2017年2月4日(土)(旧1月8日)(今朝 外気温16℃)

 天気がよく、桜も見ごろに咲きました。

 

 


2017年2月2日(木)(旧1月6日)(今朝 外気温15℃)

 今帰仁グスク内の桜が次々と咲きだしました。グスク内は五分咲き。満開のもあります。

 

 

2017年1月31日(火)(旧1月4日)(今朝 外気温17℃)

 桜まつり開催のとき、八重山に行っていたので、まつりの様子はお知らせできず残念。土、日、それぞれ4000から5000名が訪れたようです。今朝のグスク内の開花は五分咲きとみていいようです。見学されている方々の声は満開。来週あたりが見ごろのピークになりそうです。

 

 


2017年1月28日(土)(旧1月1日)(今朝 外気温17℃)

 旧1月1日(旧暦の正月)です。例年旧暦の正月に向って桜が咲いています。今年はちょっと遅咲きのようです。沖縄のヒカンサクラは、何部先とは表現しにくい咲き方をします。今帰仁グスク内のサクラは満開の木もあれば、蕾のも、まったくのあります。咲き具合については、都合よく、ご覧にまる方々の気持ち次第。見ごろとなりました。

 天気もよく、開いたサクラを見るもよし。今帰仁グスクから眺めた海岸線、青い海、そして伊是名・伊平屋島がくっきりと見えます。

 

 


2017年1月26日(木)(旧12月29日)(今朝 外気温16℃)

 開花がはやまってきました。曇り空。見ごろになりつつあります。昨年見事に咲いた桜が、まだまだです。愛情のそそぎが足りないのでは!







2017年1月24日(火)(旧12月27日)(今朝 外気温15℃)

 開花がゆっくり進んでいます。この開花の進み方がヒカンザクラの習性なのでしょう。

 

 


2017年1月21日(土)(旧12月24日)(今朝 外気温15℃)

 晴れ。花の咲いているヶ所、足元を見ながらの桜見。いろんなデコボコを思い出しながら。一枚一枚の写真に込められた記憶をよみがえらしながら!






2017年1月19日(木)(旧12月22日)(今朝 外気温20℃)

 温かい朝です。今帰仁グスクの桜は全体もピンクがかってきました。夜桜のライトの準備はオッケーのようです。

 

 


2017年1月17日(火)(旧12月20日)(今朝 外気温19℃)

 温かくなりました。桜の開花は足踏みかな? 明日から冷え込むようなので。桜まつりに向けて夜桜のライトアップの準備にとりかかっていました。慌ててピッチをあげて咲いてくれるでしょう。今朝の天気で今帰仁グスクから伊是名・伊平屋島の島の形がはっきりと見えています。





2017年1月14日(土)(旧12月17日)(今朝 16℃)

 ポツリポツリの開花や蕾のふくらみが目だつようになってきました!

 

 


2017年1月10日(火)(旧12月23日)

 今年も桜の開花の季節になりました。これまで新暦の12月からスタートしていますが、今年は1月10日からの状況。見ごろは旧暦の正月前後の週ですので、それに合わせての開花でしょうか。

 
    ▲今帰仁グスクの参拝道        ▲参拝道沿いにツワブキが満開中

 
▲ポツリポツリ、蕾が膨らんできました。     ▲一足先に咲き出し木が一本