2002.6.1(土)
今日は朝から案内の多い1日で、館長は本当に「ご苦労様でした!」
 まずは沖永良部の知名町の方々。予約は入っていなかったのですが、「説明を」の要望で館長のおでまし。「みなさん、沖永良部からわざわざこちらにお見えになるということは、『もとは今帰仁・北山』という思いからですよね」の切り出しに、皆さん、うんうんとうなずかれていらっしゃいました。自分のルーツを確認したいという作業は、やはりある年齢になると引かれていくもののようです。知名町のみなさん、展示をご覧になりながら、自分の居場所を確かめて、なにか心がホッと落ち着かれたのではないでしょうか。
 続きましては名桜大学観光学科の学生さん。130名という大人数での講義です。・・・・いまどきの学生さんって筆記用具持たないんですね。それはともかく、トイレでタバコ吸ったり(女子トイレ)、ガムをそのまま捨てたりしないでね。施設は大切に扱ってね。
 午後は県立博物館友の会の美女三人をご案内して、古宇利島まで。今日は天気が良くて波も荒れず、良かったですね。
 何だか館長の業務日誌になってしまいましたが、詳しい内容は「文化センターの動き」で仙人さまよりご報告があることと思います。
 うし○はたまっていた文書の整理と、伝票作成と、掃除に追われる1日でした。一人で全部掃除するとなるとちょっと大変・・・・・・。事務所の掃き掃除をしているとみーちゃんの抜け毛が大量に集ってくる! 抜け毛の季節ね・・・・。でも猫の抜け毛に混じって、人間の毛髪もかなり集ってくる。誰の髪の毛かしら・・・・この腰のなさはひょっとして・・・いやいや、追求するのはやめとこ〜。さわらぬ髪にたたりなし。ちゃんちゃん。(うし丸)


2002.6.2
 
もう、6月ですね〜。時が過ぎるのは早い、ついでに年を取るのも早く感じます。今日の午後、北中城村のお年寄の方が見学に来られてました。昨日に引き続き、今日もお客さん(北中城村の)案内をしておられました。私はというと、山の様に積もった書籍を受け付けしたり、ホームページの調整をしたりしてました。
 今日は、写真をCD-ROMに保存する作業は他の業務のためストップしてました。写真の整理をし始めてから、センターでは古い写真などを「データーベース化」(?)しようかと考えているところです。今のところ館内での資料として作成しようかと考えてるのですが、いずれはホームページでも公開できるまでに持っていきたいですね。とは言っても、まだまだどの様に作成しようか、どうやってデーターベース化しようかと情報集めてる途中なんで、いつ出来るのか未定のままなのです。とりあえす、データーベース化について勉強しなければ前に進めませんね。(パソ姫)


2002.6.4(火)
  今日は、雨が降っているせいなのか、来館者が少ない1日でした。最近、私はパソコンのことで頭がいっぱいです…。「文化センターの動き」や「文化センターの業務日誌」の過去の日誌を、見やすい形にしなければとか色々考えております。しかし、私はパソコン1年生であるため知識が足りません……。情報を集めたり、本屋で関連する本を読み漁ったりしてますが、自宅にはパソコンがないと言う事もあってか、なかなか上達しません。早く、自分専用のパソコンを買おうかと考えてます。
 今日は、いよいよワールドカップの日本戦ですね。日本が勝てる様に応援したいですね。頑張れ!日本!(^0^)/~ (パソ姫)


2002.6.5(水)
 久し振りのお天気でしたが、やっぱり静かな文化センターでした。
 しばらくぶりでおいでになった、名護市の島袋正敏さん!(ファンでございます〜)。 先日ムラシマ講座の写真を名護市教育委員会にメールで送ったのですが、何故か届いておらず、わざわざ写真を取りに今帰仁までご足労頂いた次第です。「やっぱりアナログですよねえええ」とPC落ちこぼれのうし○の、リキ入っての発言。「写真もスキャナーで読み込むより、暗室で複写した方がきれいだし早いですよ」との正敏さんのお言葉に深く頷くわたし。更に「10年後、現在のCD−ROMを読む機械すらなくなってしまう可能性が高いそうだ。今のレコードみたいに」という館長の発言に一同ナルホド〜。わたしはまだまだ、キャノワードでいいわ・・・と思ったのも束の間。この業務日誌が追いかけてくる〜。やはりとりあえずは使い方くらいは知っておかなくてはね(パソ姫にいつもおんぶではいけませんもんね・・・)。はい、がんばります。
 ところで、うちにはテレビというものは無く、今世間を大騒ぎさせてるワールドカップ台風の、完全なる目の中に入っております。新聞の一面に出るくらいすごいんですね。なんだか変な気がします。でもはずれにいるって、疲れなくていいもんですよ・・・。(うし丸)

2002.6.6(木)
 「六月六日あめザーザー♪」の日ですが、お天気ですね。
 現在、原稿書きに死に物狂いのうっし〜ですが、今日資料を探しながらとっても笑ける作文を見つけたので、ご紹介しましょう。

  かへるとり   今帰仁尋常小学校四年 玉城政浩
   わたくしはこのまへ、ともだちと一しょにかへるとりにたんぼへいき  ました。むちでぱんぱんとりはじめました。たたいたらかへるは、はらを 上になして手あしを、ぶるぶるふるはせました。わたくしが、かへるをと ってみたら、したをだして、したからは、ちがでていました。ぼくはかは  いさうになったので、ゆるしてやりました。

 一体カエルがお前に何をしたっていうんだ〜〜!!! 
 これをもってうしの業務報告を終わらせて頂きます。 (うし○)

 天気がいいですね、梅雨だと言うのに雨はポツポツ降る程度です。まとまった雨が降れば少しは、ダムの貯水率が上がると思うのですが。今日のセンターは、原稿書きで仙人様やうし○さんは大忙しでしたね。一方の私はというと、ちょこっと写真のキャプション貼りのお手伝いや窓口と写真の整理をしてました。
 センターで仕事していると、沢山の写真達に出合いますね。数十年前に撮影された古い写真もあれば、最近仙人様が撮影した写真など沢山の写真達が所狭しと並んでます。普段の生活の中ではなかなかお目にかかれないような写真が多く(とくに古い写真とか)、なきじん研究などに掲載されていない写真も数多くあるため、センターで写真を見ているとすごく得した気分になりますね。写真から昔の人々の生活や村の風景、村の行事、子ども達など、いろんな情報がたくさん詰まってますね。クリスマン氏やハッキンス氏の写真を見ていて気づいたことは、多くの村の子どもたちの姿が撮影されてること(もちろん、それ以外もたくさんあるけれど)。家族と一緒に畑の手伝いしてたり、妹や弟をおんぶしながら遊んでたりと写真を通してたくさんの子どもたちに出合いました。その中で気が付いたことがあって、今の子どもたちのように写真を取るときに「ピース!」とか「イェーイ!」などしてる写真があまり無いなということだった。うまく言葉では書き表せないが、写真からは決して裕福ではないが、貧しいながらも一日一日を大切に生きている様子が、子ども達の表情などから伝わってくるような気がしました。(パソ姫)


2002.6.9(
 金曜日は印刷屋さんが横で待ってる中での原稿提出、平成13年度の業務報告の提出、ムラシマ講座のノート作成・・・とめまぐるしい一日で、大事な友人からの電話にも出る事ができず(ごめんね、よなえりちゃん)、業務日誌書く間もなく、あわてて子どものお迎えにダッシュ!
 土曜日のムラシマ講座のあとはくたびれて(また午後から休みでもありましたので)日誌が書けませんでした。書かないでいると全く気にならないのに、書き出すと、お休みするのが悪いような、読者の皆さんにすまないような(?!)、変な気分です。
 さて本日は100名を越すおお賑わい。館長はまたまた団体さんのご案内で、お疲れのことと思います。私はと言えば、昨日のムラシマ講座のノートを整理し、今帰仁関係の新聞記事をファイルし、みーちゃんのgeroを片付け、えっさえっさとお掃除をした一日でした。
 今帰仁に関わる新聞記事を見ながら、4月〜5月初旬は今帰仁の人々が何名か記事に登場なさっており、(今帰仁農山漁村研の玉城オリエさん、おっぱ乳業の松清嗣さん、農業をしている上間宏明さん、目取真俊さん、宮里政玄先生)、今帰仁出身のうし○ではありませんが、何だか嬉しい気持ちです。新聞に登場することなくても、しっかりと地に足をつけて、シマの命の深い脈を感じられる人になってほしいなあと、昨日のムラシマ講座の子ども達を思い出しながら、願いました。

2002.6.11(火)
 数日ぶりに書き込みをします。土曜日に日誌を書き込む予定だったのですが、HPのTOPぺーじの変更(目次の部分と文化センターの動き)作業をしていたら目が疲れてしまって、日誌を書く頃には目がかすんで画面が見えなかったので書いておりません。
 今日の私は、うし○さんと一緒に台風対策のため移動されていた収集道具の片付けや清掃、展示室と事務室を往復したりしてました。その後は、ムラ・シマ講座のノート整理してました。今日は、動き回ることが多かった一日でした(すこしはダイエットになったかな)。
 そうそう、今日の(?)琉球新報に6月8日の「ムラ・シマ講座」の記事が掲載されてましたよ。新報を取っている方は是非チェックしてね。
(パソ姫)

 うし○の今日のお仕事は、文化財のみなさんが台風対策で風除室に移動してくれた収集道具を外に運び出し、ついでにお掃除し、5月分の入館料となきじん研究の売上を役場に納め、忘れてた伝票をお昼時間にあわてて済ませ・・・・・んー、あと何したっけー、何したっけなー。やばい、忘れているではありませんか。もしかしてこれってヘルスメーター?
(仙人語でアルツハイマーのこと)。午前中の掃除に時間がかかり、週初めのあわただしさで一日が終わってしまった火曜日でした。
 あ、きょうは嬉しいお客様が! この話しは明日にね。(もうお迎えの時間なので)。 (うしに最近飽きてきたうし丸)   

2002.6.12(水)
 今日は「二水会」の方々がボランティアで、第二・第三展示室の清掃に来てくださいました。普段の清掃の時には手の行き届かない、展示してある壷なども綺麗にしてくださいました。展示室がピカピカになって、壷も綺麗になってたので気持ちがいいですね。二水会の皆様。本当にありがとうございました!
 最近、センターのPCの調子が悪いですね…。作業の途中に画面が固まったり、作業中エラーが起きて文章が消えたりしてます。原因はまだつかめないので、色々と原因を探さねばなりませぬ。人間の様に「どこか痛いの?」と聴いて「ここが痛いんだ」とPCが、答えてくれれば楽なんですがね…。      (パソ姫)

 昨日に引き続き今日も嬉しいお客様、よなえりさんが来てくださって、楽しいお茶会のセンターでした。何だか自分ばかり話してしまって、申し訳ありませんでした・・・・(猛省!!)。
 さて本日は午前中は電算など庶務の仕事を片付け、午後はたまりにたまって頭痛くなりそうな新聞記事のチェックにいそしみました。とりあえず2週間分は終わった・・・。それで頭に残った記事は何かというと、南沙織さんのインタビューと、高橋順子さんの花笠おじさんの詩と、オスと思ってたパンダが実はメスだったかも、という記事。よなえりさんにえらそーなことを言って、実は私が一番仕事していないかもしれません・・・・。
またまた猛省。
 さて昨日いらした嬉しいお客様とは、仲尾次出身の喜屋武京子さん。以前文化センターにお母さんの形見の花嫁衣裳(お母さん手織りの紫の羽織)を、寄贈してくださいました。お母さんが結核でこの世を去られたときは、京子さんはまだ二才。紫の羽織はお母さんの証として、文化センターで大切に保管されています。そろそろ展示替えをしながら、ムラの方々が衣装や道具に託された言葉を聞き取らなければ。笑顔の京子さんと久し振りに握手しながら、仕事の「行く先」を思わされました。
 よーし、仕事がんばるぞおおおおお!!!(掛け声だけにならないようにね〜〜〜)

2002.6.13(木) 
 久々に、たくさん雨が降ってますね。少しは恵みの雨となるといいですね。
 今日の私は、うし○さんが前日チェックした新聞記事を、自分の気になる記事を読みながら、切り取っていく作業を主にしてました。切り取った新聞は、うし○さんが分けた後にスクラップブックに貼っていってます。
 今日の午後、窓口に外国人の方が2人道を(今帰仁城跡までの)訪ねて来たのですが、私は英語が少し聞けても話せないため、英語の出来るうし○さんにHelp!私の代わりに対応してくださいました。うし○さんに感謝!センターで窓口業務をしていると外国人の方も見学に来るのですが、私は英語が話せないため緊張してしまいますね。特に緊張するのが、道を聞かれたときですね。英語でどの様に説明したらいいのか分からないので、身振り手振りで必死になって説明するのですが通じない事も多いですね。こんなとき、「英語が出来ればなどんなにいいだろう」と感じるパソ姫です。歴史の勉強やPCの勉強、英語の勉強もしなければいけないなと思う今日この頃です。          (パソ姫)

2002.6.14(金)
 
今日は、寂しい事に入館者がいませんでした(訪ねてくる方はいましたけど)。たぶん、サッカーのワールドカップの影響でしょうね。そのワールドカップで、日本はチュニジアに勝ち、決勝トーナメント初出場決定しましたね。おめでとうございます。
 今日の私はというと、午前中からずっと仲宗根政善先生の略年譜作りをしておりました。慣れないワープロを使いながら、文字(年譜)のうち込みをし、印刷の終わった年譜を長いロール紙に貼って行きました。この年譜は、北山高校で行う仲宗根政善先生の展示会で使用するようです。 (パソ姫)


2002.6.15(土)
 今日も仲原館長は案内の多い一日でした。伊江島の子ども達、名桜大学の学生達、金武中学校の生徒達。それぞれの年齢や出身やテーマにあわせて案内をするので、ガイドは思ってるより大変です。本当にご苦労様でした。
 本日も新聞のチェックに追われたうし○でした。さすがに5時間新聞に目を通していると、頭痛いな〜。読み終わった新聞の山を見て、はて、一体どんな記事があったかなと考えても、あまりに見すぎてて浮かばないこともある。今日は血圧がとても低くて、なおさら思い浮かばないなあ・・・・。これは血圧のせいじゃなく、年のせいかも!?
 みーちゃんは相変わらず、食べて遊んで寝ての繰り返し。今日は来館者も多く、人気の的でした。しっかり「招き猫」してくれてます。(うし丸)


2002.6.18(火)
 今日は午前中、消防設備点検がありお客さんがはいっていましたが、午後からはW杯の日本VSトルコ戦ということもあってか静かな一日でした。
 今日は新聞の切り抜き作業と、目次作成を行っておりました。ネコのミーちゃんはいつものごとく、玄関先でゴロンゴロン転がり、日向ぼっこ。そして、お腹が空いたらみんなに「ウニャーン」とおねだりしてました。足を痛めたのか、日曜日から足を引きずってましたね。
 (パソ姫)

2002.6.19(水)
 今日は、蒸し暑い一日でしたね。とは言うものの、私はセンターのクーラーの効いた中で仕事をしているので涼しい思いをしているのですが、クーラーの中での仕事だとクーラー病になってしまいますね。体調管理には気を配らなければいけませんね。
 話しは変わって、今日の業務は以前途中までしていた、ハッキンス氏の写真をCD-ROMに入れ込む作業を行っていました。ハッキンス氏の写真以外にも、まだまだ沢山あるので時間を見ながらCD−ROMに入れ込む作業をしなければいけませんね。             (パソ姫)

2002.6.20(木)
 今日は晴れて、風も強く暑い日でしたね。もうそろそろ、沖縄は梅雨明けしそうですね。水不足は少し解消したみたいですが、私としてはもっと雨が降って欲しいですね(水不足の心配が無くなるくらいがいいかな)。
 私の今日の業務は、平成3年10月に撮影された今帰仁村の「航空写真」をスキャナで取り込み、CD-ROMに保存する作業をしました。約11年前に撮影されたこの写真には、文化センターが建設される前の城址周辺や埋めたてられる前の運天漁港(上運天にある漁港ではないですよ)などの各字の空から見た様子が数十枚撮影されてました。自分たちの住んでいるムラ・シマが、空から見るとこんな風に見えるんだな〜と感心しながら作業をしていました。今もう1度、空から撮影すると11年前と現在ではどの様に風景が変わってるのか見てみたいですね。  (パソ姫)

2002.6.21(金)
 今日は静かな一日でした。館長はNHKの収録の立会いで、お忙しい日でしたが・・・・。私は原稿の校正と新聞の整理。なかなか小さくならない新聞の山にためいきです。
 昨日はお休みとって佐喜真美術館へ。戦没画学生の作品展を鑑賞しました。「沖縄県首里市末吉町で戦死」というキャプションに、実家のすぐ側なのでドキリとしました。父がほんの1〜2歳しか違わない先輩の背中に、有線の機械を背負わせて送り出したのも、末吉の山でのこと。もちろんその先輩は、帰ってくる事はなかったのですが。
 もうすぐ慰霊の日。向き合うしんどさ、考えるしんどさは、戦争の聞き取りをした経験のある私でも、避けたいものとしてあるのは事実。でもほんの一日の中の、わずかな時間、若い画学生たちが戦争に赴く前に描いた絵の数々と対じすることで、しんどさを越えて生きていく力をもらうことができました。
 何だか心が重たくてもやもやしているなら、えいっと腰を上げて、佐喜真美術館に行かれる事をお勧めします。自分の居場所がくっきりと見えてくるはずです。(うし丸)


2002.6.22(土)
 今日も静かな一日でした。私は、原稿の打ち直し作業や、新聞の切り抜き作業を主にしてました。昨日で沖縄地方の梅雨が明けましたね。今年の梅雨は雨が少なかったですね。これから夏本番です、どんどん暑くなってきますが、みなさん夏バテしないように気をつけましょう!
 (パソ姫)


2002.6.25(火)
 最近暑い日が続いてますね。今日はちょっと雲っていたけれどk、暑い一日でしたね。
 今回の業務は、窓口の対応と残っていた新聞の切り抜き作業。そして、依頼文章などの受付をしてました。今日は特にパソコンを使う作業は行っていません。センターでパソコンを扱う仕事をするようになってから、パソコンについて色々と勉強するようになったのですが、パソコンが自宅に無いもので勉強がなかなかはかどりませんね・・・。分からないことがあったら本屋で資料を探して読んだり、パソコンに詳しい友人に聴いたりしているのですが、難しいですね・・・。パソコンを早く買って、もっと勉強しなければいけませんね。
                                  (パソ姫)

2002.5.26(水)
 今日はパソコンの調子がいまいち良くない日でした。朝からハッキンス氏の写真をスキャナで読み込んで、CD-ROMに入れ込む作業をしていました。
 がしかし、午後になってから作業をしようとスキャナを起動すると画面がフリーズしてしまうのです。フリーズしてしまうとどうしようもないので、電源スイッチを切っての強制終了し再起動。そして、何度かスキャナの起動を試みるも同じくフリーズ、思い当たる個所をチェックしてみたのですが、私の知識不足もあって原因がわかりませんでした。
 パソコン以外にももう一つトラブルが・・・。館長の使用している、ワープロが電源を入れても起動せず(接触不良なのかな?)、こちらも作業が思うように進みませんでした。二人とも日ごろの行いが悪くて、このような事になったのでしょうか?それともたまたま調子が悪かっただけなのか・・・。だれかこの謎解きをしてくれる方はいませんかね・・・。
 明日にはどちらの機械も調子が良くなってる事を願います(そう簡単にはいかないかもしれませんが・・・)。             (パソ姫)

2002.6.29(土)
 数日ぶりの日誌の書き込みです。今日は朝からパタパタと忙しい一日でした。
 前回の日誌にも書きましたが、今だにスキャナの調子が悪いですね。色々と原因を探るが見つかりませんでしたね、運が悪い事にスキャナ経由で作動しているプリンタまで使用不可能になる始末・・・(>。<;)急ぎで印刷する文章があったので仕方なく、もう一台のパソコンにつないでいるプリンタを使用する事に(このプリンタは、プリントエラー等が起こりやすいため普段は使ってないのですが)。しかし、このプリンタでもトラブル発生!印刷されてないページがあったりしたので、再度印刷するも正常に働かず、ハートマークやスペードマークに、にこちゃんマークが印刷されたりとトラブル続きでした。夕方近くになって、プリンタはどうにか正常に(普段使用してるプリンタ)作動するようにどうにか治しました(ホッ)。スキャナのほうは相変わらずフリーズしてます。今週は機械トラブルの多い一週間でした(頭が痛くなりました)。             (パソ姫)


2002.6.30(日)
 今日で六月も最後なんですね。月の終わりは「光陰矢の如し」であることを、ため息とともに感じさせますねえ・・・・。はぁ・・・。
 今日はおじいさんが沖縄出身(石川市)という関西のお客様が子供さん連れでいらっしゃいました。6年生の男の子は総合学習で沖縄をテーマに選んだそうで、彼にとってはひいおじいちゃんの歴史をたどる学習ということになります。わかりやすい資料はないですかとのご質問でしたので幾つか挙げましたが、こんなふうに孫やひ孫が祖父母や曽祖父母の足跡を確認していくことは、この子にとって自分を確認していく大きな力になるだろうなあと思いました。
 ところで文化センターの台所にある電化製品は何故か壊れやすく、先日も買ったばかりの電気ポットが壊れました。この7年間で2台目。コーヒーメーカーは5〜6台壊れてて、今は手でお湯を注してコーヒーを落としています。何か理由でもあるのでしょうか。電気の神様の魔よけ札って売ってませんかね〜。何はともあれ不思議な現象です。単に扱いが乱暴なだけだったりして。(うし○)
 
6月の日誌
過去の日誌もくじへ