平成15年8月の日誌
過去の日誌の目次へ
ムラ・シマ講座へ

2003.8.26(火)
(こず)
 お久しぶりでございます。私の日誌は1日に書いたまま・・・。今月は毎日がいろいろと忙しく、本当にあっという間に過ぎてしまうような気がします。
 先週より学芸員実習が始まっています。年齢は変わらないはずなのに、みんな若い!若い!!元気がありますね。
 
 先週は主に具志堅の神行事の調査。最終日の金曜日、シヌグの踊りを見ることができました。太鼓をたたきながらの唄い手、踊り手、衣装にもそれぞれ意味があることを知ったのですが、踊りのなかで手を合わせる動作が多いのが印象的でした。全体的に高齢のおばあたちが多く、足も痛いけど・・と言いながらも参加したそうなのですが、やはり唄も踊りもすばらしくて、ずっとムラのシヌグを引っ張ってきた彼女達の存在感は圧倒的でした。紺地の着物を着て、みんなきれいにお化粧もしてステキでしたネ。

 実習の前半、神戸メンバーは日曜日で終了しました。おつかれさまです。彼らの感想を聞き、当たり前のように生活の中にあって気づかなかった神行事やウガンなどの大切さを考えることができました。視点を変えることでそのよさを知ることもできるんだろうなと思います。。

 実習は後半です。調査で得たものが形になるんですね。私も実習生と同じく初めて展示に参加します。どんな風にしたらいいんだろう・・・とわからないこともたくさんありますが、楽しみですね。今日からはじまる一週間。頑張っていきましょう。


2003.8.24(

(うし丸)
  
 本日より広島女学院のメンバーが実習に加わりました。
 一方、神戸学院大の皆さんの実習が終了します。一週間お疲れ様でした。
そして、広島の四名さん、これから一週間よろしくお願いします。
二人のシマンチュ学生も、引き続きがんばろう!!

 実習の前半はほぼ毎日神行事の調査という、大変めぐまれた内容でした。
 そこで得た具志堅のシマの方々との出会いを、本当に大切にしてほしいと、心から思っています。
 観光客だけでなく、お仕事やまた調査で訪れる研究者にしても、自分が「ゲット」することばかりで、自分が得たものをシマに還元していく、分かち合うという人は少ないように思えます。沖縄を自分の都合で消費する人は、見ててすぐにわかりますよね。難儀もお金も出し惜しむ姿勢・・・・というのかな・・・・。何を手に入れられるかばっかりで(それも労少なく「合理的」に)、・・・。私もそうだけど、怠け者になってるような気がします。

 シヌグの踊りというハレの場面だけでなく、その前の準備の段階から関われたことで、ハレの一瞬のための様々な難儀を区長さんや書記さんや、数人のムラの人達が厭わずにやっていたかを見ることができました。
 行事の手伝いを快くさせてくれ、「手伝ってくれてありがとう」と感謝まで頂いたことを、私たちはもっと謙虚に受け止めたいと感じました。(やってあげた、のでなく・・・・ね)。

 「何のための調査か、誰に向かっての研究か」という歴史文化センターの原点を、実習生と一緒に学ぶことができました。ありがとうね!!

 さて実習後半は前半のような華やかさはちょっと少ないと思いますが、じっくり展示に向き合える又とない機会です。調査したことが形になる、ある意味で一番おいしい部分といえます。
 ハーダーラーのうしも、気合い入れ直してがんばるぞ!
 今週は、具志堅の地図つくりに着手しますぜ!!

 
(追伸)
 ウプガーで発掘物の洗い物していたおばさんを、シヌグ本番にさがせず、
 「あのおばさんかなー、このおばさんかなー」と一人ひとり見ぃ見ぃしたけどわからず、踊りがすんで区長さんのあいさつになって、ようやく発見!!
 帰りに「おばさんってあのおばさんだよねー!! 
化粧して美人になって、わからなかったさあ」と声をかけたら、
 「はあ、もう、白くなってるでしょう!! ハイターに一晩顔つけたのに!!」
 あきさみよー。ミーハガーならんで良かったねー、おばさん!


2003.8.22(金)

(うし丸)
 
 やれお盆だ、学童お休みだ、なんだかんだと忙しく、日誌用のパソコンになかなかたどりつけず、今日という日を迎えてしまいました・・・・。
 
 月曜日から始まった具志堅のシヌグ行事も、今日が本番(正日・ショウニチ)。
夕方からシマのご婦人方が紺地の着物で揃い、晴れの場面を迎えます。これまで普段着で接してきたおばちゃんたちの変身振りを、楽しみにしているうしです。
(ウプガーで発掘した貝の洗い物のアルバイトをしているおばあちゃんが、
「えー、ねえさん、色が白くなるハイターないかねえ」って!
「はっさ、おばさんよー、ハイター使ったらミーハガーなるよお」。)

 今日のシヌグの行事までの間に、たくさんのシマンチュの方々と顔見知りになれたのはとてもとても良かったです。
 一昨日、トントトトン神の代理でチヂン(太鼓)をたたいた「せいちゃん」にいさんは、ちょーっとハンディッてるかなあ(日本語に訳せないよー)というおじさんだけど、シマのなかで神行事の時にはこうやって神役代理となり、シマに抱きとめられて、自分の居場所をちゃんと作っている。シマの人たちもそれを大事にしている。都会だと変に意識してはずしたり、「福祉」「ボランティア」の理屈が先行した上での配役になりそうだけど、その「くささ」が全然ない。いいなあ、いいなあ、とじわーっと来ながら、せいちゃん兄さんの太鼓を聞いてました。
 
 ウプガーの掃除も、実習生を含めた今帰仁メンバーが具志堅の人達と一緒に作業することで、垣根がとれ、やっとみんながシマとの出会いを果たしたなという気がしました。体を動かす楽しさも感じてもらえたでしょうか。
 個人的には、今帰仁にきたころから色んな意味でお世話になっている「ウプガー」に、少しでも恩返しができたかな・・・・。
 「来年もまた掃除しにおいでねー」という言葉に、何とか一過性でない、人としての関わりを続けていきたいと思ったのでした。
  
 そして昨日のイナグユバイは、おばあちゃん達の顔、声、存在そのものに感動し、元気つけられた時間でした。
 一通り御願がすんで、シヌグのチヂンと唄の練習をするのですが、80代、90代のおばあたちの何という存在感! 一緒に調査した文化財の寿さんと「やっぱりおばあ達の唄はいいねえ。感動するねえ」とうなずきあいました。
 この方たち一人ひとり、あの戦争をくぐり抜け、生きてこられ、今こうしてシマの御願に、痛むひざや腰でありながらも参加する姿に、生きていく原点を教えていただきました。
 
 具志堅の区長さんに「あんたも明日は着替えて踊りなさい!」と声を掛けていただいたのですが、
「とりあえず今年は踊り見ぃ見ぃして、来年出ましょうね」と言ったら
「そうだよ、来年は出ないと!!」と、断言されてしまったので、今年は後ろでおばあ達の踊りを見ながら練習してみましょうかね。一応紺地の着物も持っていることだし。
 来年出るかは・・・・・アサギの神のみぞ知る!
 
 それではこれから行って来まーす!


2003.8.10(

(うし丸)
 さてさて、久しぶりの日誌です。書き方、忘れてしまったさー。
 
 昨日はムラ・シマ講座でした。暑い中、皆さんほんとうにご苦労さまでした。
暑いのと、歩く距離が長くて疲れて、
「疲れた〜暑い〜お腹すいた〜もういいよ〜、
帰ろうよ〜、まだ歩くのおおおお・・・」
・・・というへばり声があちこちで聞こえましたが、
ヌチ風の吹く恩納村立博物館の建物の下でお昼を食べ、
クーラーの効いた博物館に入るとみんなごきげん!!
生き返ってましたね(私もです)。

 知念館長の導入のお話もとてもわかりやすく、良かったです。
うちの息子は、仲泊遺跡の時代のイメージ写真を見て
「あの人、本物の、昔の人!?」
と、とーーーーっても不思議がっていました。
「そうだねー、今でも夜中にあの洞窟にいったらいるはず。
会いに行ってみようか?」
というと、でーじ怖そうに首を振っていました。
(でも、髪の毛以外はあなたのお父さんにそっくりじゃん・・・・・?)

 講座の内容は館長サマから報告がありましたので、さておき、
昨日の講座には嬉しいお客様が!!
今年の4月まで、センターのパソコンを引っ張ってくれていた
ぱそ姫さんが参加してくれました。
彼女は8月半ばに、遠く長崎に行くことになりました。
あちらでもパソコンの技術を手に頑張ってくれることでしょう。
沖縄のメンバー一同、心から応援しています。
寂しくなったり、彼氏にいじめられたら(そんなことはないと思うけど)
メールを送ってくださいね!
ぱそ姫さんのお幸せをみんなで祈りましょう! 

昨日の講座で訪れた山田の石橋、小さいけどとてもステキだった。
コンクリートじゃ、あの厚みは出せませんよね。
下の方を流れる水の音
ふうわりと飛ぶ、オオゴマダラ・・・。
石灰岩の石壁のひんやりとした感触
木立の香り・・・・
ここに往時の人の足音を重ねながら
その「在りし人」の声が届きますようにと
汗だくで説明していたうっしーでした。
 
今日はお盆のウンケー(お迎え)です。
あっちもこっちも「在りし人」の声で大賑わいだはず!!
それでは私もお迎えしてきましょうねー。


2003.8.9()

 本日は「ムラ・シマ講座」です。


2003.8.1(金)
(こず)
 8月になりました。夏休みもあと31日。そろそろ本格的に宿題に取り掛からないとあっという間に9月がやってきそうです。
 子どもたちは(私が子どもの頃も)、普段は眠い目をこすりながらぼーっとしているはずの6時30分。夏休みになると、さわやかな顔でラジオ体操していますよね。「暑いよぉ〜」と夏バテ気味の大人たちとは違い、よく食べ!よく遊び!お日様からたくさんのエネルギーをもらっているんでしょうね。
 8月は予定ぎっしり!!忙しいセンターになりそうです。

 ちょっとコマーシャル。
2日(土)・3日(日)は『なきじん乙羽まつり』があります。楽しいプログラムが盛りだくさんのようです。ぜひ、今帰仁まで足を運んでみてください。もちろん、センターはOPENしていますので、ミーちゃんともどもお待ちしております♪♪