ムラ・シマ講座へ
過去の日誌の目次へ
平成16年3月の日誌

2004.3.23(火)晴れのち曇り
 
(うし丸)
 昼過ぎて、風が出てきて、ちょっと肌寒い午後でした。
 週明け、みなさんお元気ですか?
 
 今日は村内二つの小学校の卒業式でした。
 泣いた子もいたのでしょうか?
 
 私は卒業は東京の杉並区の小学校でした。
 泣いたようなかすかな記憶が・・・・。
 卒業記念に桜の苗木をもらったけれど、うちはマンションだったので学校の敷地に植えました。とっても残念でした。今頃どんな風になっているかなあ。訪ねてみたいなあ。
 
 今日一日、お館さまの原稿校正でした。
 パソコンばっかり見つめて、目がシカシカしています・・・・。疲れなおしに甘いのが食べたいけど、ただ今ダイエット中!うううう〜、しゃあない、お茶でもしばくか!(茶腹も一時)。
 
 みなさん、明日の琉球新報の文化欄に、おやかた様の玉稿が掲載されます。(何という綱渡り原稿! 担当のYOねKUらさん、心臓に悪かったですね・・・・)。
 北山のお話ですよ。面白いですよ。ところで文章中、主語と述語を合わせたのはうしです。読んでくださいね。
おしまい!
 

2004.3.19(金)晴れ・・・・・
 
(うし太郎)
 字具志堅の辞令書9点中、5点の読み込みが終了!
 辞令書の宛名は全部「仲里善太郎さん」なので、今日は「うし太郎」の気分です・・・。
 
 昨日の日誌はおやかた様のPCの不調で、うしの分が更新できず、「うし丸ついに倒れたか!?」との憶測が世界中を駆け巡ったことと思いますが、ホッホッホ、私はちゃあああんと書いてましたのよ。ご安心くださいましね。
 
 センターの前のロータリーがほとんど完成し、アスファルトも敷かれて、歩道もきれいになって、午前中通ったら何だか首里城に来たようでした。自分の職場に行くのに、ドキドキしてしまいました。
 
 昨日は字崎山の公民館で区長さま(いつも朗らか、加代子区長)に、週刊レキオからの宿題「くちびるに島言葉を」をご教示いただきました。
 お題は「星の王子さま」(サン・テグジュベリ)と「蠅」(横光利一)です。
 
 作品の一部を取り上げて、それを「ウチナ〜語訳」するのですが、3月18日付けの「羅生門」の名訳はおやかた様の手によるものでした。
 
 私はうちな〜んちゅだけど、方言がほとんど分かりません。それで、方言お助けレディの加代子区長に教えていただいて、「今帰仁崎山(シチャマ)方言」訳星の王子さまの登場です。
 
 ウチナーグチに直訳できないものが多くて、二人で笑い転げながら訳の確認をしました。
 「加代子さん、王子が『ゆぬぬし』(世の主)では、何だかおじいみたいじゃないですか? 若按司にしましょうよ」
 「そうよね〜。ゆぬぬしって言えば、もう太って禿げたおじいよねー。やめとこう」
 「星のおうじさまじゃなくて、星のおじいさまになっちゃいますねー。
 この、『いばとぅいさあ』というのはどういうことですか?」
 「崎山の言葉で『けんそん』っていう言葉がないわけよ。ぴったりなのが。だから『けんそんではない』というのは、ちょっといばってるっていう風に訳してみたわけ」
 「なるほど〜。
 で、この『ぽろさーいなぐ』って言い方なんだけど、こんな言い方、本当にします?」
 「ううん、全然したことない(笑)。こんな言葉、ない。
 私が作った。加代子語(大笑)。
 でも農婦って言い方は・・・・ないし・・・・」
 「アハハハハ・・・・新聞に、シチャマの新語って載せたらよかったかも(笑)。
 じゃあ、えーと、『この女は百姓だったけど』という風に変えて訳してみましょうか」
 「そうだね〜。それならいいかもね」
 
 ・・・・とまあ、こんな具合に共同作業はあっち行き、こっち行きしながら進んでいったのでした。
 今晩もう一度最終の確認に行く予定です。
 レキオにいつ載るかな?
 お楽しみね♪
 
 でも、「星のおうじ様」は読んだことがあるけど、横光利一の「蠅」って読んだことなかったです・・・・横光利一さんのお名前は存じ上げていましたが、作品を読んだ事は・・・・ごめんなさ〜い! 今度図書館で探します!!
 
 明日は休館日です。
 ゆっくり過ごせたらいいなあ。
 Have a Good Weekend!!
 また来週☆ 

2004.3.18(木)雨〜曇り
 
(丑丸)
 わーい、やっと、少しだけど雨になりました。
 土が、緑が、お野菜が本当に嬉しそうにつやつやぴかぴかしています。
 風が出てきてちょっと肌寒いですが・・・・。
 
 今日は県立博物館の与那嶺一子さんと、東京国立博物館の井上洋一さんのお二人が、百按司墓の木棺の調査でお見えになりました。
 ついでに・・・・ということで一子さんに見ていただいた今帰仁アオリヤエの衣装の一部でしたが、ナントこっちの方に面白い発見が!!
 詳細はおやかた様の報告をご覧ください。
 私は途中で、方言調査に出かけ、こちらも楽しい時間を過ごすことができました。
 
 今日は私用にて時間がありません!
 明日、「楽しい時間」の報告をいたしますね♪
(そういやあ、志慶真ムラの移動の話は、どこに行ったんでしょうね〜。冬の寒さと一緒に、遠いところに旅に出たんでしょうかね〜。)


2004.3.17(水)晴れ
 
(うしマル)
 謹んで皆さんにお知らせいたします。
 
 今日出勤したらナント机の上に
 「うしのさま!」と書かれた
 チョコレートの箱があったのだった!!
 
 「あらー?これってもしかして〜!?」と
 向かいに座って黙々とパソコンを打っている
 某おやかた様の顔を見たら、
 ニヤ〜っと笑って、曰く
 「ホワイトデーのチョコレートです」。
 
 「まー、何だか請求しちゃったみたいで、
 ホーント、すいませんねえ。おおきに、どうも」
 (↑バリバリ請求しとったやんけ、ワレ!)
 
 心やさしいおやかた様は
 うし、こず、ユーキ、サチヨのみんなに一つずつ、
 チョコレートをご用意下さったのでした。
 
 これで歴文センターの人間関係はとりあえず今月いっぱいは円満です。
 
 めでたし、めでたし。
 
 今日は高校の合格発表です。
 姪っ子はどうだったか、友人の子はどうだったか、気になるところです。
 ラジオでは「●●ちゃんが合格したそうです〜、おめでとう!」のメッセージがしょっ中聞かれますが、「残念、もう一息だった」子も、今は辛くても絶対大丈夫だよ! 今起きていることは、みんなその人にとって必要なこと。だから何も心配しないで、星の流れに心をゆだねていてね。
 
 さて、うしまるは午前中は4月からスタートする電算システムのお勉強。んー、便利にはなるけど、仕事の融通はきかなくなっていきそう・・・・? どんなシステムであっても、ガンジーの唱えていた「仕事の歓び」のための道具になってほしいですね。
 
 午後は疲れた頭を休めて、辞令書はちょっとお休みして、2階の研修室のお片付けをしました。全く、どこから手を付けていいものやら、周りを見回して大きく深く激しく長いため息が・・・はあああああああーーーーーっ!!
 とりあえず、部屋の入り口周辺から始めて、たくさんのゴミ袋を産出いたしました。
 ユーキさんは今日はお休みなので、サチヨさんと二人でゆんたくしながら作業です。
 
 片づけをしていると、何年も前の展示会の資料が出てきたり、古い写真が出てきたり、しばし物思いにふけってしまいました。
 
 新緑の頃は、来し方を振り返るのにいい季節ですね。
 苦しいことがあって、枝が折れることがあっても、それは幹のこぶとなって、木のもっと上っていくための足がかりとなる。
 時々台風が来て、また枝が折れることがあっても、折れるべき枝が折れていくのだということを知っている樹に成長していくと思うのです。・・・・・台風の後に、すっきりと立っている自分の姿を楽しみにしながら・・・・。
 
 明日は片付けもしながら、辞令書の読み込みも進めます。おやかた様からのチョコレート(「特選フランス産ミルクの豊潤な味わい」なのだよ)を、有難〜く味わいつつ・・・・。


2004.3.16(火)晴れ
 
(うしまる)
 とうとう夜間断水が始まりましたね。
 先日の雨もカエルのお顔にナントヤラ・・・程度のものだったんですね。今日も暑いくらい晴天。「春雨じゃ・・・・」のセリフは遠くになりにけり・・・・(では困るんだけど)。
 
 今うしは、おやかた様の山からやってきたおいしいタンカンを食べながら、この原稿を書いています。まー、なんてお行儀が悪いんでしょうね!! 甘くっておいしいですよ。この時期だけの味覚タンカンももう終わりかけです。カーブチーとタンカンはかんきつ類の苦手な私でもバクバク食べられるみかんです。今年も満喫したー!!
 
 今日は「今帰仁ムラ・親泊ムラ・志慶真ムラの集落移動」の原稿校正をした後、具志堅の原稿に取り掛かりました。まずは「これは簡単だよ〜」とおやかた様のアドバイスもあって、軽〜く明治時代の辞令書の読み込みから。
 しかし、一つ一つの文言を読み込んでいくと、なぜ廃藩置県後の辞令書に「掟」「間切」「仁屋」など琉球王府時代の制度の言葉が使われているのか、つまりは日本国明治政府による旧慣温存策によるものなのですが、そんなことまで解説していくと奥が深くて、「簡単だったよ〜ん」と終わりそうにありません。
 西掟から始まる間切内の昇級過程も、九つの辞令書を一点一点通して見て行くと、とても興味深いものがあります。ますます時間がかかりそう。
 ・・・・でも資料の背景を読み解いて、辞令書なんてワケ分からんという人が「あ、なるほど〜。こういう風に読むと面白いなー」と感じられるように解説していくのは大好きです。そのためには、もっと勉強しなくちゃいけません。でも早く原稿書きますからね。心配しないでね、おやかた様。
 
 しかし・・・・おやかた様はどうも3月14日のホワイト・デーの存在をお忘れになっていらっしゃるようですので、この場を借りてお知らせ申し上げます。
 2月14日にチョコレートをもらった人は、ホワイト・デーにお返ししましょう(注:かんきつ類は除く)。それが職場の人間関係を円滑にします(!?)
 
(こ ず)
 夏はもう、すぐそこまで。雲もなんだか夏のようです。
 水不足です。「雨タボーリー、水タボーリ、あーとーとー、うーとーとー」と。これは私が小学生の時にやった童話の中のセリフなんですけどね。ホントにそろそろ雨が降って欲しいなぁ、日曜日の雨は一時だったからね。
 
 今日は、新聞スクラップのインデックス打ち込みをしていました。これまた4月からずーっと溜め込んでいたもんだから(サボっていたわけじゃないですよ)、けっこうあるある。続きは明日。
 
(ユーキ)
 今日は、研修室の大改造でした。
仙人と一緒に「ヨイッショ、ヨイッショ」と言いながら一生懸命、棚を大移動しました。
久々の力仕事でチョット疲れました。腰もチョット…。
今日はゆっくり休みたいと思いまぁ〜す\(-o-)/
 

2004.3.14(日)晴れのち曇り・・・小雨か?
 
(うーのすけ)
 昨日は「ムラ・シマ講座」の修了式でした。コズさんやユーキーさんが日誌で報告してくれました。またおいしいアップルパイの差し入れだけじゃなく、後片付けやお掃除まで手伝ってくれたよなえりさん、ありがとう! お菓子の食べ散らかしと、靴からの泥汚れがすごかったね。ご苦労様でした。こずさんとユーキーさんもありがとうございました。
 
 通常のムラ・シマ講座のあとも掃除がかなり大変で、フィールドから帰ってからの清掃がけっこう負担だったのですが、次年度からはできる人にお願いして「ムラ・シマ助っ人隊」を編成して、簡単な清掃や片付けなどをお願いしようと思います。職員だけではちょっと手一杯になってきました・・・・・。
 
 修了式の感想です。
 子供たちの発表が本当に良かったです。正直ちょっとびっくりしました。古宇利大橋の感想が断トツ多かったのは自然としても、地味な(?)上間屋だったり、神アサギのこと、ハンタ道のことなど、こちらも忘れていたような場所の感想があったりして、それぞれの視点での言葉を聞くことの大事さを改めて感じました。文章力も各学年それぞれしっかりしていたように感じます。
 
 子供たちの感想は、ムラ・シマ講座のところにUPしてあります。ぜひ読んでくださいね。
 
 大人の感想も、職員として「とても勉強になりました」(←何を勉強しましたか?)
 オットット・・・それはだね・・・・ま〜一言で言うと
   「一年間難儀だったけど、やっぱやって良かったじゃん!」 
ということを、大人の視点で確認させていただけた・・・ということでしょうか。
 大人も子供も両方楽しんで満足できる講座を続けていくのは、しかもイベント的でなく、経験と知恵の宝庫である90代の長栄さんがこの11年間続けて参加なさっても「もういい、飽きた」と言わないだけの内容にしていくのは、ムラ・シマ案内人の力が試される場面です。

 私は子供たちの対応で目一杯ですが、海千山千の大人たちを引っ張っていくのはおやかた様の力です。二人の力をあわせて11年間続けてきたんですね!カントク!!うるうる・・・・(気分は「アタックナンバーワン」)。
 
 あ、それと今年初めて「大きくなったらぜひこんなことを教える人になりたいです」という感想がありました! 感動しました。ちょっと泣けました。20年後が楽しみです。
 
 昨日は午後から久しぶりに名護のオーシッタイに家族で出かけて、しゃし・くまーるという喫茶店で開かれている友人の木工展を見に行きました。
 ここのピザは自家製酵母を使っていておいしいのです。 
 オーシッタイは盆地になっていて、ちょうど昨日は雨のにおいのする樹木の器の底にいるみたいでした。
 展示会には残念だけど、雨と木々の香りで疲れを癒してもらいました。
 また火曜日!
 

2004.3.13(土)
(ユーキ)
 今日は、ムラ・シマ講座の修了式でした。
一生懸命作った冊子がみんなの手元にいきわったて、嬉しかったです。みんなの頑張りがギュ〜ッと詰まった冊子をじっくり読んで大切にして欲しいなぁ。
 それから、センターで用意したお菓子の他にも、アップルパイなど差し入れも充実して、豪華なおやつでした。でも、小学生のみんなの食欲にはビックリ\(◎o◎)/
アッ〜〜という間にお菓子がなくなったのですが、みんなとても満足そうでした!
 私は今回、ムラ・シマ講座に初めて参加したのですが、初めて知ることばかりで、とても勉強になりました。
それに、まっすぐ、一生懸命な子どもたちと学ぶなかで、教えられることも多くあったし、とても楽しく過ごすことができました。
 今週は1週間バイトを頑張ったので、明日はチョットお休みして、また来週から頑張りたいと思います!
 
(こず)
 ムラ・シマ講座の修了式。久しぶりに受講生のみなさんがセンターに集合しました。感想を書き、発表。おいしいおやつもあり、楽しい修了式になったようです!
 午後、みんなが感想文を読みました。「勉強になりました」だけじゃなく、調査で感じたこと、初めて知ったこと、楽しかったことなど・・・かわいいイラスト入りのもあり、楽しく読みました(^_^)
 また、来年の講座をお楽しみに♪ 
 
 さて、今週の週間レキオに登場した私の同僚(ちなみに私の先輩)今日もお昼寝上手のミーちゃんですが、朝から超人気者です! 小学生は入ってくるなり「ネコは? ミーちゃんは?」と探しています。みんなにかわりばんこに抱っこされていました。「かわいい〜♪欲しい!」と。館長のネコだからあげられないけど、またミーちゃんと遊びに来てね(=^・^=)
 いつも私がひざの上に乗せてかわいいかわいい♪してあげないから、今日はミーちゃんもうれしかったはず(*^_^*)


 2004.3.12(金)
 
 (うしブー)
 今日は、今年度最後の授業参観で、ポーク入りカレーを山ほど食べたので(親子ふれあいカレーパーティだったのです)、おなかがポンポンの私です。
 
 明日はいよいよ「ムラ・シマ講座」の修了式です。こずさん、ユーキーさん、サッチーさんのおかげで、とても素敵な冊子ができあがりましたよ! みんなの手に渡すのが楽しみです。
 
 また明日の修了式のために、駄菓子もいっぱい買ってきましたので、それも楽しみ・・・・・♪私の好きなピーチサンドもたくさん買い込んでしまったのでした。
 明日の修了式に参加予定の方で、このHPをごらんになっている方は、まだお皿にアキがありますので、差し入れを持ってきていただいてもかまいません!ご遠慮なく!!
 
 嬉しいことにお空が真っ黒! 雨雲です。
 ホラホラ、降ってきましたよ! 
 どうやら、昨日さぼらずやった御願が効いたようです。
 県民の悲願、「雨たぼ〜れ〜」。
 よかった、よかった!
 
 それでは、明日の準備にかかります。


2004.3.11(木)天気:でーじ晴天
 
(うしまる)
 春爛漫! 今帰仁グスクの桜の木に、うっすらと紅色に染まりつつある黄緑色の桜んぼを見つけて、嬉しくなりました。
 
 今日は春の香りのプレゼントもありました。
 先日おいでになった沖永良部島の皆さんから、鮮やかな山吹色のフリージアが届きました!
 なんて美しい色!
 そしてなんていい香り!
 花の香りは心を癒してくれますが、フリージアの花の妖精さんたちが、忙しいセンターの仕事を色と香りでサポートしてくれているみたいです。
 仕事の手をとめて、みんなうっとりと眺めています。
 沖永良部のみなさん、本当に本当にどうもありがとうございました!!
 素敵な素敵な贈り物でした。
 
 今日は文化財に提出の原稿(うしとおやかた様だけが出していなかった)を校正し、やっとお出しすることができました・・・封筒の表書きに「しめきりといふ言葉を知らないH.NとY.Iより」と書いて・・・・。
 
 ムラ・シマ講座の冊子もホチキス止めが終わり、明日は表紙をのり付けして、いよいよ完成です。
 うしは今日はおやかた様の原稿校正で、冊子の作業ができませんでしたので、冊子に掲載した「あとがき」をご披露して、本日の「締め」といたします。
 
                   あ と が き

平成15年度(2003年度)第11期のムラ・シマ講座が修了しました。

みなさん、一年間、楽しかったですか?

私は今年もたくさんの人と、ヤンバルのムラ・シマをたんけんできて、うれしかったです。

今年度は4歳の新垣百合香さん、5歳のりん・げんなん君から89歳の渡名喜長栄さんまで、50名近く参加しての講座となりました。うちわけは幼稚園生2名、小学生が1年生4名、2年生2名、3年生3人、4年生8名、5年生1名、6年生1名。中学2年生1名、高校2年生1名、大学生2名、大人の人(20代から80代まで、みんなそろっている!)は26名でした。

参加者のお住まいも今帰仁にかぎらず、本部町・名護市・恩納村・大宜味村・沖縄市・中城村・宜野湾市、そして那覇から参加なさった方もいます。そして、沖縄県以外のところから移り住んできた方もいます。特に今回は台湾からいらした林文彬(りん・ぶんちん)さんの参加で、台湾と沖縄・ヤンバルをくらべることができ、私たちがなかなか気付かないことについて、たくさんの発見をすることができました。

それからもう一つ、難聴(なんちょう:耳が良くきこえないこと)の山城佳南海(かなみ)さん(天底小4年生)が講座に来てくれたおかげで、私たちスタッフも参加者も「耳が聞こえないということ」について、たくさんのことに気がつくことができました。佳南海さんにわかるように説明することで、スタッフはもっともっと「伝えること・わかり合うこと」の勉強をすることができました。佳南海さんにいっしょうけんめい説明している小那覇理子さんの様子がすてきだったね。館長や私の説明を要約筆記(ようやくひっき:話していることを紙に書いて教えること)をしてくれた酒井ひろこさんにも感謝です。また幼稚園や1〜2年生という小さい人たちがいてくれたことも、「みんながわかるように伝える」ことのよい勉強となりました。

いろんな人たちがこうしてひとつの講座にあつまって、ヤンバルの色んなところに行って、たくさんのことを発見できるのは、ほんとうにすてきだなあ、楽しいなあと思います。

1回だけとか、あまり参加できなかったという人も気にしないで、またムラ・シマ講座に来てくださいね。

ではまた5月の講座でお会いしましょう!  
                                  〔石野 裕子〕



2004.3.10(水)
 
(うしのすけ)
 今日もまったく雨のない一日でした。
 雨乞いの御願もさぼっているしなあ・・・家に帰ったら用事が多くて忘れてしまうんですね。でもおとといと夕べの月は本当に美しかった。オレンジ色に輝いて・・・・。
 
 今日から「ムラ・シマ講座」冊子のページ合わせの作業が始まりました。一日立ち続けてページを合わせていると、腰が痛くてトホホ状態。談話室はかなり底冷えもするので、たまらず我が家から灯油を持ってきて、センターのストーブを付けました。
 
 でも作業をしながらのゆんたくは楽しいですね。そして一人一人のノートを覗くのもまた楽しい! 完成した冊子は今年も見ごたえのあるものになりそうです。
 
 足も手も口もよく動かし、よく働いた一日でした。明日もがんばるぞお!


 
(こず)
 今日は朝からムラ・シマ講座冊子の印刷・製本作業。ずーっと立ちっぱなしのせいなのか、腰と背中がちょっと痛いような気もしますが・・・ うし○、こず、ゆーきちゃん、今日から新メンバーさちよさんも登城していますので、黙々と(?)手も足も口も!動かしながら、順調にすすんでいます!

 ムラ・シマ講座修了式は土曜日です。参加者のみなさんが記録したノートが一冊の本となります。調査に行ったムラ・シマの様子が一人ひとりの絵や言葉で書かれていますので、ステキな本になりそうですよ。土曜日をお楽しみに♪
 
 昨日の夕方のこと。「小包でーす!こずさん」と宅急便のおじさん。誰からだろう?と伝票を見ると某テレビ局。早速開けてみると・・・2ヶ月ほど前に応募した、番組のプレゼントの本格芋焼酎。やったぁ(*^_^*) 失敗した年賀ハガキで当たった思わぬプレゼント。ラッキー(^^♪
 実は懸賞好きな私。今まで結構あたってるんですよねぇ。(ちょっと自慢してみたりして・・・) 昨日の当選でますます応募欲がわいてきたこずでした。
 
(ユーキ)
 昨日に引き続き、今日も印刷作業を行ないました。
ラミネートに続いて、両面印刷もなかなかサマになってきたような気がします。
今日はおやつに恵まれて、ちょっと食べ過ぎたようです。
特に、『川通し餅』おいしかったです!
それから、「業務日誌をみたよ!」っていう連絡も早速あって、嬉しかったです♪
私だけでなく、仙人にも連絡して下さいね。
連絡がなくて、なんだか淋しそうだったし、スネているような感じでしたよ。
みなさん、よろしくお願いしますね(>_<)/
 

2004年3月9日(火)

(ユーキ)
 みなさん、初めまして。ユーキと申します。
今月からセンターでバイトをすることになりました。
といっても、夏にセンターで実習を行っていたので、なんだか実習気分です。
内地の実習生のみんなも見てるかな?
とうとう、業務日誌デビューしてしまいました。
今日は、両面印刷にチャレンジしました。
失敗もチョクチョクしてますが、マスターするように明日も頑張りまぁ〜す。

(うし○)
 今日もいいお天気ですね。
 でも新聞を見ても水不足の話題が続いています。
う〜〜〜ん、雨乞いの御願も、もっと気合入れて髪振り乱して、祈り倒さなあかん!!
 
 今日はちょっと面白い北山高校生が質問に来てました・・・・。
 「あのー、今帰仁の歴史について、色々質問したいんですけど〜」
 「歴史って言っても、なが〜いですけど、どういうことを知りたいですか?」
 「・・・・・・・・」
 「それが分からないと説明しようがないんだけどなあ。
学校の図書館にも資料があるけれど、時代とかテーマがわかれば、資料も教えてあげられるんだけど」
 「それとですねー、あのー、今帰仁城址ってあるですよね。あそこのー、カシコイ観光のしかたって、どんなですか?」
 「は??????」
 「それとー、今帰仁って名産がありますよねー。どれが一番いいですか?」
 「そんなこと、これが一番ですって、言えまへんがな〜。だってたとえばスイカっていったらマンゴー農家がイヤだなあって思うでしょう? それよりそ〜れに行って市場調査した方がいいと思うよ」
 
 日本史の授業なの?と尋ねたら、なんと、英語の授業なのだそうです・・・・調べたことを英語で発表するのかな?
 もうちょっとテーマを絞り込んで、質問事項を整理して、紙に書いて持ってきてね。前もって「何日の何時ころお伺いしたいんですが」と連絡をくれたら、ありがたいです。
 それにしても高校生っておしゃれになりましたねえ。
 
 小学一年生の息子の今日の日記、
「今日、たいいくのじかんに目かくしリレーをやりました。そしてぼくはカラーコーンにぶつかりました。でもまがるとき、うまくできてよかあたです。ほんばんには六年生がめかくしをやるので六年生のみなさんがんばってください」を読んで、ほのぼのしたうしでした。


2004.3.7(

(こ ず)
 むどぅいビーサか別れビーサか・・・寒いですね。
 もしかしたら、こたつ恋しビーサかもしれない。朝からこたつに包まっていたいなぁと思いながら、今日もストーブをつけてお仕事しています。
 一日中、新聞の切り抜き作業をしました。毎日少しずつ積み上げ、高層ビル建築中・・・午後4時頃にやっと終わりました〜(*^_^*) うし○さんがチェックしたら今度は溜めないようにしよっ♪(前にもこのセリフいったような気がする・・・)
 
 春の訪れ、ウチの庭ではフブキバナ(通称メイフラワー)が満開です。薄紫色の花が先月から少しずつ咲き始め、3月になってからは枝を広げて頭をたれ、花壇からはみだして咲いています。このフブキバナ、シトラス系の強い芳香(と6日の琉球新報に書いてあった)だそうですが、直接嗅ぐと鼻の奥に残るような強烈な香り!いやな香りではないけどね。
 風に乗ってふわりとゆれる姿、香りもやさしく、楽しんでいます。
 
 さて、明日はセンターはお休みです。ゆっくり休むことにしましょう!
 火曜日からは印刷機もフル回転してムラ・シマ冊子作りです。それでは、また火曜日に・・・(^^)ノ


2004.3.6(土)曇時々ちょっと小雨 風寒し
 
(うし野)
 寒いですね〜。3月の天気とは思えないですね。
 足元の電気ストーブを消すことができません・・・・。
 
 今日はお館サマは、芸大図像メンバーの方々のご案内で羽地までお出かけです。芸大関係の皆様、クッキーのおみやげ、ありがとうございました。
 お館サマはきっと途中で「辛いモノ」を入手しているに違いない!(あとジョー●アコーヒーのカフェオレもね)。
 
 センターには陶芸家のホアキンさんとそのパートナーの恒子さんがご来館。恒子さんがスペイン語から日本語訳した文章について、ほんのちょっとだけ校正のお手伝いをしました。大笑いばかりしていたような、楽しい時間を過ごさせていただきました。(あんぱん、クリームパン、メロンパンのおみやげ、ありがとう!!)
 
 なんだか今日も「おみやげ催促」の感のある内容でした・・・・・失礼いたしやした!
 
 明日はうしの休日です。
 日誌もお休み・・・・。
 こずさん、まかせたぜ!


2004.3.5(金)天気晴れ
 
(うしまる)
 ダムの水を気にしぃしぃのお天気ですね。
 
 夕方、「なきじん海辺」のなる教頭とごりぺこ校長がお見えになりました。
 石をガンガン積み上げる作業が始まったミームングスクを見ながらの来館です。
 ミームングスク(ムーミングスク・・・・じゃないっすよ!)は見物グスクの意で、下から上ってきたハンタ道の最後付近にある、石積みの遺構です。これが修復ということでどんどん高くなっているとか・・・・。ワーオ、知らなかったよ!今日仕事の帰りに見てこなくっちゃ!
 
 ミームングスクの話題が一段落して(途中マナティ談義という話題もありましたが)、おやかた様も交えて「辛いもの談義」が始まりました。
 おやかた様いわく、
「いやー、なるさんの持って来てくれた辛いモノを見て、ヤマトゥンチューだと思ったよー。沖縄ではねぇ、辛いモノといったら、塩辛いものを言うんですよー」
 
 ・・・・んー、じゃなくてね、おやかた様・・・・。
 あなた様の場合がそうだと思うんですのよ。
 それに別の「塩辛いもの」を持ってきてもですよ、
「この塩味はちょっと違うんだな〜〜〜」
と「塩辛うんちく」を述べられるじゃございませんこと?
 ここは素直に、
 
「ボクの塩辛いものって言ったら、
カ●ビーポテトチップうす塩味のことなんだー!!」
 
とおっしゃった方が、みなさん「館長の好きな辛いモノってどれかなあ」と悩まなくてすむんじゃありません?
 
 HPをお読みの皆様、何もおやかた様への献上品を請求しているわけではございませんが、
「センターに何か持っていこうかなー」とお考えのときは、ぜひカ●ビーポテトチップの「うす塩味」というのを心に留めていてくださいね。
 あ、わたしとコズさんはこだわりませんが、洋物の甘いものも大好きです。
 
 以上、今日はおやかた様をダシにしながら、結局みつぎものを請求しているような、セコイ番頭はんに成り下がってしまったうしでした♪
  
2004.3.4(木)
 
(うしまる)
 今日は久しぶりにいいお天気でした。
 風は冷たいけど、お布団干したら毛布も枕も喜ぶだろうなあ、というくらい気持ちいいさわやかなお天気でした。
 
 昨日の日誌でも書いたように、今日は元気な兼次小学校3年生のみんなが、「昔の道具調べ学習」でやってきました。
 電気やガスや水道のなかった、おじいちゃんやおばあちゃんの気持ちになってみようね、とおやかた様の言葉で授業がスタート! ホヤランプ・アイロン・サギジョーキ・パンドーなどについて話を聞き、スケッチしました。みんな絵がとっても上手でしたよ。
 
 アイロンのところでは、「どうやって熱くしたでしょうか?」との質問に、これまた期待通りに「お湯!」「お湯!」と答えてくれて、本当にありがとう!「石油」って答えた子もいたなあ。子供たちの発想には本当にびっくりします。
 
 30分を過ぎると、集中力の限界。ちょっと体を動かして、背伸びをしてから、クイズ形式で「昔の冷蔵庫はどの道具でしょうか? 道具を指差してみて」
 答えは三つに分かれました。
   1.ワクダカマド
   2.サギジョーキ
   3.ムーチーンブサー
・・・・正解はサギジョーキ。
 木の枝とか高いところにつるして、風を通して、天ぷらとか豆腐とか腐れにくくするんだよー。竹で作ってあるでしょ。空気がこのすきまから通るよね。アイロンと一緒。
 「あと、虫がつかない」
 「ネコとか犬が食べない」
 そうだね〜。でも犬とかネコとかより、もっと困ったヤツに天ぷらをとられないように、高いところにつるしたんだよ。それはなーんだ?
   「マングース!」
   「ねずみ!」
 ううん、もっと大きいもの。
   「ブタ!」
   「いのしし!」
   「ウシ!」
 ウシは天ぷらは食べないさー。
 正解は「ここにいるみんな!」
   「?」
 みんな、学校から帰ってきたら、「お母さんおやつー」って言うでしょう? 何か食べるものがないか、ゴソゴソさがすでしょう?
 昔もおんなじ。ガチマイされないために、高ーいところにつるしたってわけ。
 
 それからおやかた様が水汲みの話。パンドーの前に展示してある「お兄ちゃんと妹の水汲み」の写真は、なぜ「展示しよう」と館長に思わせたのか、この写真のどこを見たとき、このお兄ちゃんのやさしさがわかるのか、ということを話しました。
 子供たちにちゃんと伝わったかな?
 
 私も水汲み、薪集め、ランプ、畑や水田の経験がまったくありません。だからレベルは子供たちと一緒。おやかた様の経験に裏打ちされた話は、私が聞いても面白く、なーるほど、と納得。子供たちが、道具について発見した表情をみると、嬉しい。これだから、授業は(大変だけど)やめられない。
 
 授業のあとの展示室は泥やほこり、消しゴムのカスで路上状態! 今日はこずさんが一人でお掃除をがんばってくれました。ありがとうございました☆
 
 今日はお客様の多い一日でした。
 久しぶりの「学芸員実習生」、古宇利の夕貴さんの手作りプチチーズケーキの他、おやかた様のHPをチェックしたらしい「なきじん海辺」のなるさんから「辛いもの」が届きました。当分おやつには困らないセンターです。
 良かったね、館長サマ♪


  ▲パンドーの話を聞く3年生

2004.3.3(水)
 
(うし姫)
 「・・・え? 姫?」
なーんて、びっくりしないでください。
今日はひな祭りということで、愛嬌、愛嬌!
 
 さて、今日兼次小学校4年生の担任の仲宗根先生が、センターに「嬉しいおみやげ」を持っておいでになりました。
 嬉しいおみやげは二つ。
 ひとつは某お菓子やさんのクッキーセット。
 もうひとつはもっと嬉しい「紙芝居発表の感想文」!
 
 嬉しくて大急ぎで読みました。
 笑ったり、じーんときたり、あのなーと突っ込みを入れたり、とても楽しく読みました。
 イラストもとっても味があって、いいの!
 みなさんにもちょっとだけどおすそ分けしますね。
 
・「ぼくは、なきじんうかみうとぅだる物語を発表した班です。ぼくはさいしょいみがわかりませんでした。でも石野さんや仲原館長に、そのことばの意味を教えてもらいました。じっさいに城址のなかで発表しました。とってもきんちょうしました」。(うえまかいき)
 
・「仲原かん長さん、石野さん、いろいろなことをおしえてくれてありがとうございます。いろいろなことがわかりました。(→色々ってどんなこと?)。これからもいろんなことを聞きにくるかもしれないので、よろしくおねがいします。これからも仕事がんばってください」(大城大地)
 
・「仲原館長さんと石野さんへ、いろいろ民話のことについて教えてくれてどうもありがとうございました。ぼくたちの発表はだいせいこうでした。ありがとうございました」(与那嶺祐太より)
 
・「歴史文化センターのみなさん、いろいろお世話になりました。今帰仁城に伝わる伝説がよくわかりました。総合学習ではいろいろな昔ばなしがわかりました。これからもお仕事がんばってください」(大城留依)
 
・「いそがしい中おしえて下さりありがとうございます。『石切妖刀北谷菜切』の紙しばいが作れて、とてもうれしかったです。総合発表にも出れてうれしかったです。これからも歴史文化センターのおしごとがんばって下さい。ありがとうございました」(上間知佳)
 
・「いろいろおしえてくれてありがとうございました。これからも、また5年生や6年生になったらくるかもしれませんから、これからもよろしくおねがいします。これまでありがとうございました(→・・・私、まだいるから、だいじょうぶだよ・・・・)」(島袋結)
 
・・・・とみんなが嬉しい感想を届けてくれました。こちらこそありがとうございます!
 またいっしょに今帰仁のことについて、たくさんの発見をしていこうね!
 
 明日は兼次小学校3年生の「道具調べ」の授業があります。
明日も元気なセンターです!
.
     ▲高良盛太くんの絵          ▲島袋結さんの絵

.
   ▲山内遥香さんの絵              ▲仲本きよのさんの絵
  
(こず)
 ♪今日は楽しいひなまつり♪ですね。
 
 女の子の成長を願ってのおひなさまを飾るのですが、沖縄ではおひなさまを飾る風習があまりないため、ウチはちいさな陶器のお人形さんを置いています。今は飾る家も増えてきたようですが。
おばぁが「沖縄のひなまつりは旧のさんぐゎちさんにち(3月3日)に女の子みんな重箱のお弁当もって浜下りといって海に遊びに行ったんだよ。一番楽しみだったさぁ〜。」と話していました。

 残念ながら、私は浜下りに行った記憶はほとんどないのですが、昔はおいしいお弁当や三月菓子をもって遊びにいった特別な日だったんでしょうね^^

 桃の節句・・・桃つながりで・・・
 先週、桃の香ただよう関西に行ってきました! ずーっと行きたかった京都、琵琶湖畔のきれいな眺め・・・などなど、書ききれないくらい^^
 大阪の街へも電車でいきました。賑やかで楽しかったなぁ♪ 向こうの方はよくしゃべるなぁと感じました。つっこみが早い!
 でも、嵐山の渡月橋や紫式部が源氏物語を執筆した石山寺が好きですね。ゆーっくり散策したいなぁと思う場所でした。
 静か〜な今帰仁に住む私だからのんびりした所を好むのかな?

 若いうちに旅行しないと行けなくなるよぉ〜とよく言われますが、やっぱり旅はいいですね。



2004.3.2(火)
 
(うしまる)
 むどぅいビーサ(戻り寒さ)か別れビーサか分かりませんが、冬に戻ってしまった山原です。
 
 今日はムラ移動の図版を書いて、賃金を計算して、右脳も左脳も目一杯使った一日でした。
 
 ・・・・それにしても、小字の線引ってナゾが多いです。
なんでこのような、ややこしい区分けになっているのか。
もちろん平面ではよく把握できない地理的要因や、かつての自然状況を反映しているのでしょうが・・・・。
 
 でも、不思議です、とっても。
 ここで、この場所で、区切る理由は、ナニ?
 なぜ、ここから5メートル寄っちゃいけない?
 なんでこんなに、ややこしい区分けになってるの?
 
 地図を見ていて何でだろーと思うことはたくさんありますが、「線引の意味」も不思議なことの一つですね。
 
 ところで文化センターの工事もだいぶ進み、今日は前の駐車場の歩道部分の側に芝のマットが置かれ始めました。ロータリーも姿を現してきました。後ろの駐車場のところには、休憩所になるのでしょうか、赤瓦の建物も出現!
 来年どんな風に変身するのでしょうか?
 変化に落ちこぼれないか、ちょっと心配なうしばばでした。
 
 (こず)
 3月になりました。
 新聞の山が高層ビルになりつつあります。「崩れてしまわないように、土台はしっかりと…」な〜んて言ってられません。早めに片付けなきゃね (^o^)/

 何かと多忙な今日この頃、逃げた2月を追うように去っていく3月になりそうですね。年度のまとめ、頑張っていきましょう!!