2002年のメモ                              
                                        トップへ



2002.1.19(土)メモ

大宜味村田港参照

【大宜味村田港ノロ】


 ノロに関する興味をそそる資料がある。明治36年の土地整理でノロのノロクモイ地も処分されたが、そのかわり一種の年金で補償した。昭和10年でもまだ継承されていることが確認できる資料である。今帰仁村の玉城ノロや中城ノロ、岸本ノロ、それと羽地間切仲尾や真喜屋などにも同様な資料がある。ここでは大宜味村『塩屋・ウンガミ』所収の田港ノロの「ノロクモイ襲職届(写)」を掲げておく。いずれ詳細な解説を加えることにする。


      ノロクモイ襲職届(写)
        字田港六百八十七番地戸主
          前ノロクモイ(亡)当山ウシ
           安政六年一月一日生
        字田港六百七十二番地
          戸主勇三郎二女
        現ノロクモイ襲職者松本トヨ
          大正九年十一月二日生

    前ノロクモイ当山ウシ儀昭和八年一月丗
    一日死亡ニ付キ同人兄ノ孫トヨヘノロク
    モイ就職致シ候ニ付前ノロクモイウシノ
    死亡届旧ノロクモイノ戸籍謄本並ニ新
    旧ノロクモイ系図相添ヘ此段及御届候也
       
       昭和十年三月十二日
         字田港六八七番地同居者
         届人当山ウト
           明治二拾八年五月十九日生
       字田港六二七番地戸主勇三郎二女
       届出人ノロクモイ就職者松トヨ
          大正九年十一月二日生