金武・宜野座の神アサギ

【トップへ】
山原の神アサギ  今帰仁の神アサギ  国頭の神アサギ  大宜味の神アサギ
羽地の神アサギ  屋我地の神アサギ  本部の神アサギ  名護の神アサギ
恩納の神アサギ

 (工事中)


 ここでは現在の金武町と宜野座村の神アサギとしてまとめておくが、1673年までは金武間切域の村の神アサギの認識で捉えることにする。金武・宜野座地域は沖縄本島の東海岸のムラ(字)である。『琉球国由来記』(1713年)に登場する金武間切の神アサギ(アシアゲ)は以下の通りである。

  金武村     神アシアゲ(現在ナシ)
   漢那村     神アシアゲ(現在あり)
   惣慶村     神アシアゲ(現在あり)
   宜野座村   神アシアゲ(現在あり)
   伊芸村    神アシアゲ(跡地あり)
   屋嘉村    神アシアゲ(現在ナシ)(かつて神アサギあり)
   古知屋村  神アサギあり(現在の松田)(由来記では久志間切内)


※「沖縄島諸祭祝女類別表」(明治17年頃)の金武間切をみると、屋嘉村・伊芸村・金武村・漢那村
  惣慶村・宜野座村・古知屋村が登場している。金武村に「神アシヤギ三ヶ所」とある。それが何を
  意味しているのか。並里も金武村の内なので、村として存在していたのかもしれない。屋嘉は現
  在神アサギはないが明治17年頃の「祝女類別表」には神アシヤギ一ヶ所として明記されている。



【古知屋(松田)の神アサギ】





【宜野座の神アサギ】






【惣慶の神アサギ】




【漢那の神アサギ】





【伊芸の神アサギ跡地】



【屋嘉の神アサギ跡】